どこまでも歩く人

にっし~が好き勝手に書く雑記ブログです

どこまでも歩く

500万円の資金、どう運用する?【資産運用の話】

どうも、にっしーです。

 

副業で株やFXをしていることもあり、友人たちとよく資産運用の話をします。で、先日こんな事を聞かれました。

 

「にっしーなら500万円あったらどうする?」

 

f:id:nishi0001:20170810143019j:plain

 

というわけで、今日は500万円の運用方法を考えたので書こうとおもいます。

 

資産運用する前に資金の性格と自分の状況を確認する

500万円の資金があるという前提ですが、その資金の性格と自分が置かれている状況によって運用方法が異なってきます。

 

例えば、借金がある場合ならまず返済しなきゃいけないので、運用はその後です。

 

また、その500万円が完全な余剰資金なのか、生活費も含めた全財産なのかで運用方法は変わってきます。

 

僕は借金が無いので、とりあえず後の2つの場合について考えてみました。

 

 500万円が完全な余剰資金の場合

充分に生活費と貯金が確保されている場合ですね。それなら、全額投資につっこみます。

 

投資の比率はリスク度合いで考えて、リスクが高いFX、中くらいな株、低い投資信託にそれぞれ同じ資金(166万円)を割り振ります。なぜなら、一極集中させるよりも色々なものに分散させた方が安全だからです。

 

FXは166万円あればデイトレードで10万通貨以上の取引ができるので、収益性は良いでしょう(損失額も大きくなるけど)。値動きがわかりやすいドル円とユーロドルを取引対象にしつつ、無茶な取引を避ければ資金が尽きる可能性は低いです。

 

株は東証1部の3~5銘柄を中長期的に保有して配当や優待を貰いつつ、キャピタルゲインを狙うようにします。上がり始めてる時に仕込めれば最高ですね。

 

投資信託は小さい金額でも購入できるので、5~10銘柄くらいを毎月決まった日に同じ額だけ購入していくスタイルをとります。こうすることで上がった時は少なく、下がった時は多く買えるので平均取得単価を下げることができます。

 

 

FXで数時間~数日単位の短期トレードをしながら、株と投資信託は数年~十数年単位で保有する・・・そんな感じで資産運用していく方針です。

 

500万円が全財産の場合

まずは仕事を失っても生きていけるよう、生活費1年分を確保しておきます。僕の場合、独り暮らしなので250万円確保しておけば安心感がありますね。ま、1年あればなんとかなるっしょw

 

あと、投資に回したお金はすぐに現金化できない(流動性が低い)ので、いざという時にすぐ現金が用意できるよう、ある程度の貯蓄は必要。100万円あれば大抵の事に対応できるので、それだけの貯蓄は欲しいです。

 

1年分の生活費と貯蓄で350万円。残りの150万円で投資をします。

 

投資の比率は基本的に上記の場合と同じです。つまり、50万円ずつ割り振るんですが、株は50万円だと少し厳しいかもしれません。なので、場合によっては投資信託の比率を上げて安定性を増すか、FXの比率を上げて積極的に増やしていくか・・・どっちかの判断をするかもしれません。

 

最後に

これまで書いた投資資金の割り振り方はあくまで僕個人の考えであり、人それぞれ生活状況が違うので、運用方法は千差万別だと思います。

 

なので、投資をする前に自分と自分の資金に向き合って、どういうやり方が適正なのかをしっかり考える必要があります。だって、投資は自己責任ですからね。失敗しても誰の責任にもできないのです。