どこまでも歩く人

にっし~が好き勝手に書く雑記ブログです

どこまでも歩く

ドラゴンボール超106話見たので感想とか予想とか

どうも、にっしーです。こんにちは。

 

この記事はドラゴンボール超106話の感想です。多少のネタバレを含むので、まだ観てない方はそっとブラウザを閉じることをオススメします。

 

 

 

 

 

天津飯の活躍

前回の105話では亀仙人のじっちゃんが大活躍しました。僕としては大満足な回だった。最後にかめはめ波打つシーンなんか鳥肌ものでしたよ。

 

で、今回の106話ですが、クールガイな天津飯が活躍してました。結構面白かったです。

 

この天津飯というキャラ、ヤムチャと同列のキャラとして見られていて不憫でならないんですが、ドラゴンボールの単行本を読み返してみると結構重要な場面で活躍しているんですよね。

 

単行本19巻:先陣きってサイバイマンを圧倒する

単行本32巻:セル(17号吸収)を連続気功砲で食い止めて18号を逃がす

単行本41巻:魔人ブウ(ゴテンクス吸収)にやられそうな悟飯を気功砲で助ける

 

本当にいいところで活躍してる・・・天津飯がいなかったらストーリーが全く変わってますよ。ベジータの名セリフ「俺は、超ベジータだ」も出てこなかったでしょう。なぜなら、天津飯があそこでセルを食い止めてなかったら、セルは完全体になって初対面でベジータをあっさりと倒していたからです。

 

そんなこんなで案外活躍してきた天津飯なんですが、その直後にやられてしまうのがお決まりのパターンです。

 

サイバイマンを圧倒→ナッパにやられる

セルを食い止める→力尽きる

悟飯を助ける→魔人ブウの下半身に一撃でやられる

 

今回の106話でもそのパターンが当てはまってました。

 

悟飯とピッコロですら苦戦するスナイパーを相手に得意の技と目の良さで追い詰めるも、不意打ちを食らい、最後は敵を道連れにして脱落しました。

 

ビルス様も天津飯の活躍に納得していたので良かったんですけどね。

 

1つのパターンが見えた気がする

ここからは完全に僕の予測&妄想です。

今回天津飯が脱落したのを見て、一つのパターンが見えた気がします。それは、「各キャラお決まりのやられパターンで脱落するんじゃないか?」ということです。

 

クリリンはフリーザ系のキャラにやられましたし、天津飯は活躍した直後の脱落。パターンにはまってます。

 

とすれば、亀仙人は再び大技を使って力尽きるか(死なないと思う)、第22回天下一武闘会の天津飯戦のように「あとは若い者に任せる」と言って自らリングアウトする可能性が高いと思います。107話の予告で魔封波を使っているので、たぶん来週脱落しそうな気がします。

 

ピッコロは悟飯をかばって脱落するでしょうね。106話でも相当かばっていたし。鉄板のパターン。

 

17号と18号はわからないけど、やられるなら2人一緒な気がする。

 

で、最終的にはサイヤ人の3人が残って第七宇宙が優勝する気がする。

 

というか、フリーザは最近全然出てこないけど影でコソコソ何をやっているんでしょうかね。絶対悪いこと企んでいるよなー。もうフリーザの頭の中では全王の上に立つためのシナリオが出来上がっているのかもしれません。その下準備を大会中に行っている可能性はあります。

 

 

今後は悟空が新形態になるなど、楽しみな要素がいっぱいです。また気が向いたら感想とか書こうと思います。

 

それではまた!