どこまでも歩く人

にっし~が好き勝手に書く雑記ブログです

どこまでも歩く

千日回峰行 超人過ぎるw

どうも、にっしーです。こんばんは。

 

昨日、ぼーっとスマホを見てたら凄いニュースを見つけました。

www.mbs.jp

 

比叡山延暦寺の善住院の住職、釜堀浩元さんが千日回峰行を満行されたのだとか。

 

戦後14人目となるそうですが、「そもそも千日回峰行ってどんなことするの?」と思って調べたら・・・ぶったまげましたよ。

 

こりゃ、14人しか満行できてないのも頷ける。

 

それほどに過酷な修行なんです。

 

千日回峰行とは?

千日回峰行とは比叡山周辺を決められた行程で260か所礼拝する修行です。7年かけて行われます。内容は以下の通り。

 

1年目・・・1日30kmを100日歩く

2年目・・・1日30kmを100日歩く

3年目・・・1日30kmを100日歩く

4年目・・・1日30kmを200日歩く

5年目・・・1日30kmを200日歩く&堂入り

6年目・・・1日60kmを100日歩く

7年目・・・1日84kmを100日歩く

 

5年目の堂入りは飲まず食わず寝ず横にならずで9日間堂に籠って真言を唱えるそうです。

 

また、修行を途中でやめることになったら短刀で自害するか首を吊って自害しなきゃならないそうです。始めたら最後までやり通すしか生きる道はない。

 

・・・・・・・・・・

 

ファーwwwwwwww

 

比叡山に歩き続ける修行があるって聞いたことはあったのですが、まさかこんなだったとは(汗)

 

まあ、1~3年目の修行なら僕でもできる気がする。もしかしたら4年目もギリギリいけるかも。

 

でも、5年目の堂入りはやばいwww9日間飲まず食わず寝ずで真言を唱えたら一体何キロ痩せるんだwww骨と皮しか残らないんじゃないだろうか。

 

あと、6年目以降は地獄ですね。僕も一日57kmを歩いたことあるんですが、あれを100日やらなっきゃいけないってことだから、体ぶっ壊れますね。

 

7年目の84kmはもう・・・時速5kmで歩いたとしても17時間かかるので、超人じゃないと無理かも。飛天御剣流の継承者じゃないと無理かも。寝る時間殆どないですね。

 

こんな過酷な修行を終えられた釜堀さんはホントに凄い人です。「凄い」の一言で済ませてしまっていいのか疑問だけど、今は「凄い」しか言葉が出てこない。あまりにも想像できない世界なので。

 

修行前と修行後ではやっぱり見える景色が違うのだろうか。

 

大峯千日回峰行も過酷!

比叡山以外でも千日回峰行が行われてるんじゃないかと思ってぐぐったら、大峰千日回峰行というのがありました。

 

こちらは、奈良県の大峯山の山頂にある大峯山上本堂までの道を1000日間連続で往復するというもの。歩く距離は1日48kmで標高差は1300mを超えるとか。

 

なかなかヤバイですね。

 

比叡山のと同じく途中でやめたら自害しなきゃならないそうです。

 

たとえ体調不良でも、台風が来てもやめることができない。常に死と隣り合わせの修行。普通の精神力じゃできませんね。

 

因みにこの修行、1300年間で2人しか達成できてないのだとか  (゚∀゚)マジ?

 

最後に。千日回峰行は無理でも千日何かを続けてみる

「継続は力なり」といいますが、千日回峰行はできなくても何かを千日続ければ相当な修行になると思うんですよ。

 

で、今僕にできそうなことを考えてみると

 

筋トレ、ピアノの練習、勉強、ブログ、アニメ鑑賞、ゲームなどなど

 

何にしても千日やったらかなり詳しくなれるでしょう。

 

とりあえず、ブログは今のところ1000日続けてみようと思っています。途中お休みする日があるとは思いますが(笑)

 

ではまた!