どこまでも歩く人

にっし~が好き勝手に書く雑記ブログです

どこまでも歩く

炭水化物の摂取量が多くなると死亡リスクが上がるらしい

どうも、にっしーです。こんばんは。

 

先ほどツイッターを見てたら、糖質制限に関するニュースがトレンド入りしてました。

toyokeizai.net

 こちらのニュースサイトによると、一流の医学誌『ランセット』に「炭水化物の摂取増加で死亡リスク上昇」という論文が発表されたようですね。僕もダイエッターの端くれなので糖質制限には興味があります。

 

なお、論文の要旨は以下のとおり(東洋経済Onlineより引用)

①炭水化物摂取量の多さは全死亡リスク上昇と関連
②総脂質および脂質の種類別の摂取は全死亡リスクの低下と関連
③総脂質および脂質の種類は、心血管疾患(CVD)、心筋梗塞、CVD死と関連していない
④飽和脂肪酸は脳卒中と逆相関している

 

ふむふむ、炭水化物の摂取量が多くなると死亡リスクが上昇し、脂質の摂取量が多くなると死亡リスクが低下するってことですね。

 

じゃあ、炭水化物と油がたっぷり入ったフライドポテトはいくら食べても大丈夫ってこと?

両方入ってるからリスクが相殺されるんじゃ?

そんなわけないだろ!太って死ぬわw

物には限度ってものがありますね。

 

まあ、ニュース読んでて思ったんですけど、論文には「炭水化物を摂らなければ健康になれる」とは書いてないから・・・結局はバランスの良い食事が一番健康に良いのかな~。

 

お菓子やジュースを控えて主食の重ね掛け(例えばラーメンとチャーハンみたいなこと)しなければ炭水化物の摂り過ぎにはならないし、魚やナッツ類を食べてれば脂質も十分とれますからね。タンパク質は大豆製品や鶏肉で摂って、足りなかったらプロテインを使えばいいです。

 

こちらの記事に僕の食事内容を載せています。たぶん、こんな食事で大丈夫でしょう(笑)

www.dokoaru.com