どこある!

自由を目指す男の雑記ブログです

どこまでも歩く

ドル円をゴトー日仲値後に売ってみる【FX】

どうも、にしらごんです。昨日の東京時間にドル円を売ってみました。

 

僕、東京時間は殆ど相場を見ないんですが、今年からある特定の条件が揃った時に東京時間でのトレードを試みるようにしました。

 

その条件の1つはゴトー日であることです。

 

ゴトー日とは?

5の倍数の日と月末です。5日、10日、15日、20日、25日と月末の日で1ヶ月に6日あります。

 

日本の輸出関連企業はこれらの日に決済することが多く、米ドルで商品代金を受け取り、日本円に両替します。つまり、銀行はこの両替に対応するために大量の米ドルを用意しなければならないので、仲値に向けてドル買い需要が高まる傾向があります。

 

因みに仲値というのは銀行が外貨に両替する時のレートです。これはFXみたいに常に変動しているわけではなく、その日の午前9時55分のレートで決まります。銀行は仲値を基準にしてその日の取引を行います。

 

ゴトー日の朝は本当に上がりやすいのか?

自分なりに過去検証をしてみましたが、確かに上がる時もあります。が、上がらない時も結構あります。

 

どっちだよwwww

 

ってなりましたが、上がらない時は前日に大きく上がってしまってドル買い需要が解消されてたり、長期の下降トレンドでドル買い需要が飲み込まれたり、そもそもゴトー日が休日で取引が行われなかったり・・・いろいろな原因が考えられました(正解はわかりませんが)。

 

つまり、ゴトー日の朝に必ずしも銀行のドル買い需要があるわけではないって事ですね。

 

システマティックに朝買って仲値で売るというトレードをしてもそんなに良い成績はでないでしょう。

 

ならば、ドル買い需要が解消されるタイミングで売ってみる

ゴトー日の9時55分にドル買い需要が解消されるのであれば、そのタイミングで売れば利益がでる可能性はある・・・と考えてみました。

 

確かに、9時55分から相場が急激に動くことはよくあります。銀行のドル買い需要に乗っかってた投機筋が利益確定して下げることもあるでしょうし、その下げに乗っかって新たな投機筋も入ってたり・・・理由を考えるとキリがないですが、そう思える動きはあります。

 

ただ、これも先ほどの買いと同じで「ゴトー日仲値後に売り」みたいにシステマティックにやっても検証では良い結果が出ませんでした。

 

厳しい条件をつけてみる

個人的にゴトー日仲値のドル買い需要がいつくるのかよくわかりません。なので、ドル買い需要が解消されるタイミングを狙ってトレードする方がわかりやすいなーと思いました。

 

つまり、ゴトー日仲値後に売る戦略です。

 

ただ、さっきも言った通り、ただ売るだけじゃ上手くいかないので色々な条件をつけてトレードする場合としない場合を明確にします。 

 

トレードする条件

・長期で強烈な上昇トレンドが出てないこと(下降トレンドだと好ましい)

・一日の値動きが50pips以上あること

・直近に長期でサポートされるポイント(買われる可能性があるポイント)がないこと

・仲値前に大きく動いていないこと

 

4つほど条件をつけてみました。

 

手仕舞いの条件

手仕舞いの条件はー5pipsで損切、10pips以上で利益確定とします。

 

ゴトー日である1月10日にチャンスが来たのでやってみた

こちらは2018年1月10日のドル円5分足チャートです。

f:id:nishi0001:20180111125838p:plain

トレードする条件にもピッタリ合っていた相場だったので、仲値が決まる9時55分に112.58で売ってみました。

 

先端の2本は仲値後の動きですが、見事に落ちてますねw

しっかりと利益確定できました。

 

因みに4時間足はこちらです。

f:id:nishi0001:20180111130556p:plain

上値抵抗線から落ちてきているので上昇トレンドではないですね。また、サポートである112円付近までまだ距離があるので、売っても良い環境でした。

こうやって長期足でしっかりと相場環境を確認してトレードすることが物凄く大事です。

 

最後に

この手法はスキャルピングの手法ですが、ゴトー日仲値後で条件に合った時だけやるものなのでトレードチャンスはあんまりないです。

 

実戦で使ったのは今回が初めてだし、まだ検証の段階なので良い成績がでるかどうかはこれから判明するでしょう。

 

過去検証で上手くいっても実践では上手くいかない場合は結構あります(笑)