どこある!~どこまでも歩いていくブログ~

好きな事を好きなように書いてます

どこまでも歩く

東海道で食べた美味いもの

仕事に復帰した途端、

懸案事項てんこ盛りのにしです。

 

どうも、こんばんは!

f:id:nishi0001:20170501213006j:plain

今、こんな顔しながらブログ書いています。

 

ホントにね、疲れた時は無理しないで美味しいものを食べて体を癒しましょう。

 

 

てことで、今日は東海道の美味いものベスト5を紹介しようと思います。

 

5位 丁子屋のととろ汁

f:id:nishi0001:20170501213807j:plain

とろろの美味しさを実感できる一品。麦飯にとろろをぶっかけてグチャグチャにかき混ぜ、一気に口に放り込む・・・。

 

ごはんは何杯でもいけるほど美味しい。

 

味噌汁と漬物もアッサリしてて普通に美味しい。ヘルシーなのも嬉しい。

 

4位 浜名湖のうな茶漬け

f:id:nishi0001:20170501213703j:plain

f:id:nishi0001:20170501213754j:plain

やっぱり、うなぎは強いと思う。そんなうなぎを1杯目はうな重として、2杯目はうな茶漬けとして味わえる・・・

 

美味いに決まってるじゃないか!茶漬けの出汁や薬味のバランスも絶妙だった。

 

3位 岡崎の味噌煮込みうどん

f:id:nishi0001:20170501213848j:plain

八丁味噌って甘いイメージがあったけど、これは少々ピリ辛な感じだった。うどんはきし麺でコシがあった。

 

具は豆腐や白菜、キノコ、ネギなど。もう、食べる前から味噌の香りがヤバかった(笑)

 

食べてると体全体に栄養が浸透していく感じがあったので、舌だけじゃなくて体全体で美味しさを感じた。

 

汁を残すのが勿体ない。最後は、ご飯をぶっこんでおじやにして食べたかった。

 

2位 由比の桜エビ

f:id:nishi0001:20170501213631j:plain

旬の桜エビは文句なしに美味しい。揚げる事によってエビの香りがより一層引き立つ。かき揚げは天つゆにつけるよりも、軽く塩を降って食べる方が美味しい。

 

あと、生の桜エビってあんまり食べたことなかったんだけど、甘くて宝石みたいだわ。

 

みたい・・・じゃない。

 

宝石だよ、ピンクの宝石。

 

1位 三島のうな重

f:id:nishi0001:20170501213430j:plain

こんなに美味しい食べ物があるなんて・・・東海道で一番美味しいと感じたのは三島のうなぎ。

 

三島の清流で身を締めたうなぎは、一切の臭みがなく、透き通った味だった。

 

その身は柔らかく、油が乗っていてほのかな甘みさえ感じられた。

 

それと秘伝のタレが口の中で絡み合うのだ。天国が見えた。そして、天国を味わった。

 

是非、東海道を歩いた時はこれらを

食べてみてください。