どこまでも歩く平熱系ブログ

30代の男が平熱高めでいろいろやってく

震災から8年

どうも、平熱系男子にしです。こんばんは。

 

本日2つ目の投稿となります。

 

1日2記事書く事ってそんなにないんですが、今日は3月11日ということでね・・・

 

日本人にとって忘れてはならない特別な日ですよね。

 

8年前の僕はまだサラリーマンやってて、資格を取るに一生懸命勉強してました。てゆか、生きるのに精いっぱいだった気がします。

 

経済力も今と比べたら全然無かったですし。将来にも不安ありまくりでした。

 

でも、8年経ってある程度生活にも余裕が出てきて思うようになった事があります。

 

それは、日本の社会で生きる1人の人間として何か役に立てる事はないか?ということです。

 

これね、震災直後にも心の片隅で思ってました。でも、やっぱりあの時は自分の事で精一杯で冷静には考えられなかったです。

 

今は30代半ばになったこともあって、少し冷静に具体的に考えられるようになった気がしますね。自分にできることが見えてきました。

 

人間7年もすれば全身の細胞が入れ替わって別人になると言われています。つまり、震災の時にいた僕はもういない事になりますね。

 

でも、あの時の記憶はハッキリと残っている。そして生涯絶対に忘れない。

 

いやぁ、こういう話するの結構照れくさいんですけどね。これから何か社会貢献できたらいいなーって思います。