どこある!~どこまでも歩いていくブログ~

好きな事を好きなように書いてます

どこまでも歩く

30代半ばの徹夜で感じたこと。歳をとると回復力が落ちる

f:id:nishi0001:20180919134525p:plain

はいどうも!!

 

コンビニにある缶とペットボトルのゴミ箱、入口は別なのに中で繋がってるのはなんで???

 

平熱系男子にしでございます。

 

恐らく、「缶とペットボトルを別々にしてもどーせ間違えて入れるんだから、一緒にして後で分別しても手間は変わらないぜ!」というコンビニ側の意図があるのでしょう。

 

それに加えて、敢えて入口を2つに分けて小さくすることで、他のゴミ(弁当箱やポテチの袋などの燃えるゴミ)の混入を防げるんじゃないかと・・・

 

今度コンビニの人に聞いてみますね。

 

てことで、今日はグロッキーです。

 

緊急でやらなきゃならない事があって、久しぶりに徹夜しました。

 

徹夜・・・マジでキツイ。

 

 

若い時はそれほど辛くなかった徹夜

徹夜が辛いと感じるようになったのは30歳過ぎてからです。若い時はそんなに辛くはなかった。1日くらいなら平気、2日目で疲れが出て3日目で少しダルくなるくらいでした。

 

もちろん若くても徹夜するべきではないんですが、徹夜した時の疲れ無さとその後の回復力はハンパなかったと今になって感じます。

 

卒業論文の提出期限が迫っている時に3徹しましたが、その後15時間くらい爆睡したら完璧に復調しましたからね。

 

30代半ばの徹夜の辛さ

30代半ばになると徹夜した後の朝が辛いです。どんな感じかというと・・・

 

体全体に1枚膜が張っている感覚があり、軽く頭をぶつけた後のようにフラフラしてる感じです。そして、こめかみが少し痛い。

 

1日の徹夜でこれですよ!!

 

もう2徹はできないですね。あと、回復に時間がかかるのも30代半ばの特徴でしょうか。この後6時間寝たとしても80%くらいしか回復しない気がします。

 

マクドナルド食べて10時間寝れば全快してたあの頃にはもう戻れないのです。

 

筋力と持久力は鍛えてれば歳をとってもある程度は維持できます。でも、回復力だけはどうしようもない。歳を重ねるごとに衰えていくのは仕方のないことだと思って、受け入れるしかないのです。

 

白モンは徹夜のお供

もう絶対に徹夜はしたくない・・・そう思っていてもしなきゃいけない時があります。そういう時、僕は最終兵器として白モンを使います。因みに、白モンとは白いモンスター缶の事です。

 

アサヒ飲料 モンスターウルトラ缶 355ml×24本

アサヒ飲料 モンスターウルトラ缶 355ml×24本

 

 

エナジードリンクの類は普段飲まないんですが、徹夜するときは使わせてもらってます。正直、味は好きじゃないけど、飲んだら体の底からやる気が出てきて疲れを忘れさせてくれます。

 

僕の実感なんですが、エナジードリンクって疲労を取り除くというよりは、疲労の先延ばし効果しかない気がします。

 

一時的に忘れさせて後になったら倍になって思い出させるという・・・・だから効果が切れた時、一気に疲労が押し寄せてきてバタンキューですよ。

 

今も白目をむきながらやっと記事を書いている状態です。いつ寝落ちするかわらかない(笑)

 

さいごに

今日の記事は徹夜で脳にダメージを負った状態で書いています。だから、いつも以上に支離滅裂な事書いているかも知れませんがご容赦くださいませ。

 

・・・・なんか記事書いてたら頭ボーっとしてきた。今回の記事はこれで終わりにして今から寝ようと思います。

 

それではまた!(つ∀-)オヤスミー