どこある!~どこまでも歩いていくブログ~

好きな事を好きなように書いてます

どこまでも歩く

撮影モードと脱オートのススメ【写真の勉強 #1】

どうも、平熱系男子のにしです。こんばんは!

 

ミラーレス一眼でカメラ初めてから約3ヶ月。最初はカメラの使い方も殆どわからなかったんだけど、少しずつ勉強してやっとひと通りの機能を使えるようになりました。

 

そういうことで、これからは僕が勉強したことを時々ブログにアウトプットしていこうと思います。

 

まだ全然勉強不足なんですけど、僕と同じカメラ初心者の方にもカメラの面白さを伝えられるよう書ければいいな~(^^♪

 

てことで、今回はカメラの撮影モードについて書きます。

 

 

5つの撮影モード

撮影モードは5つあって、ダイヤルを回すことで切り替えられます。


f:id:nishi0001:20180731134117j:image

 

オート

ピント位置、絞り、シャッター速度など全てをカメラ任せで撮影するモード。カメラの使い方を知らない人でもとりあえずこのモードでシャッターを切ればなんとかなりますが、僕は殆ど使っていません。

 

プログラムオート(P)

絞りとシャッター速度をカメラ任せにして、ピント位置や露出、ホワイトバランスは自分で設定できるモード。カメラ買ってから数日はこのモードで撮ってました。簡単で使いやすいので、初心者向けと言えるでしょう。

 

絞り優先オート(Av)

プログラムオートで絞りが設定できるようになったモードです。絞りを自分で調節することで、シャッター速度はカメラが決めてくれます。僕はこのモードを一番使ってます。被写体前後のボケの量を調節するのに最適です。

 

シャッター速度優先オート(Tv)

シャッター速度を自分で決めると、絞りはカメラが自動的に決めてくれるモード。動物など動きの速い被写体を撮影する時に使ってます。

 

マニュアル(M)

絞りとシャッタースピードを自分で設定するモード。カメラに頼らず全て自分で設定するので慣れるまで難しいけど、撮影を一番楽しめるモードだと思います。

 

へー、いろんな撮影モードがあるんだねぇ・・・

 

僕がオートを使わない理由

ねえ、ひとつ質問があるんだけど

 

にしはなんでオートを使ってないの?

 

オートってカメラが全部やってくれるんでしょ?楽でいいじゃん!

 

ふふふ、いい質問だ! まずは、この写真を見てくれ

f:id:nishi0001:20180731115524j:plain

これ見てどう思う?

 

桜の写真?うーん、暗いねぇ・・・

 

実はこれ、オートで撮った写真なのだよ。で、次はこの写真!

f:id:nishi0001:20180731115808j:plain

綺麗!!

 

これは絞り優先オートで撮った写真だよ

 

二つの写真を見比べると決定的な違いがわかるよね。

 

花びらの明るさが全然違う。

 

そう。カメラは明るい被写体を暗く写し、暗い被写体を明るく写そうとする性質があるから、オートだと花びらのような明るいものは実際より暗く写ってしまうんだよね。

 

そこで、露出をマニュアルで設定することで実際の明るさに近づけるのだよ。

 

僕がオートを使わない理由がわかったかな?

 

うん、なんとなく・・・

 

つまり、カメラが自動でする設定に対して「ここはこうした方が良いぞ」って提案したいからマニュアルで撮影しているってことか。

 

そーゆーこと!さすがプー吉、物分かりがいいな!

 

最近のカメラは性能が良くなってるからオートでも良い写真が撮れるけど、自分の思い通りに写真を撮りたいならマニュアルでの撮影が必須だね。

 

まとめ

カメラには5つの撮影モードがあります。それぞれ場面ごとに使い分けるんですが、絞りやシャッタースピードなどいろんな設定をマニュアルでできるようになれば、カメラがどんどん楽しくなっていくと思います。

 

僕はまずプログラムオートでピントと露出を自分で決めるところから始めました。

 

そして徐々に絞りやシャッタースピードをコントロールしていき、最終的にマニュアルモードで自分の思った通りに撮影できるようになるのが当面の目標です。

 

脱オートですかね(笑)

 

なかなか難しい事だけど日々精進してればできるようになるでしょう。

 

それではまた!('ω')ノ