千葉県の山奥でヒメボタルを撮る!

写真
スポンサーリンク

さて、今回はヒメボタルを求めて千葉県の山奥へ。

ヒメボタルはその希少性と環境保護の観点から生息地の情報は殆ど公開されていません。ゆえに、僅かな情報を頼りに自分の足で探すことになります(本記事でも詳しい場所の公開は控えさせていただきます)。

そしてゲンジボタル以上に光を嫌うため、ライト無しで漆黒の山中を歩くことに・・・

かなり危険なので、準備をしっかり整えてから行きました。

生息地を探しながら歩く

22時頃、駐車場に車を停めて山に入る。車を降りた瞬間にキョンと遭遇してビックリしたw

濃溝の滝でゲンジボタルを撮影したときに情報を貰っていたため、ある程度場所の推測はできていました。「たぶん、この辺に出るんだろうなぁ」的なw

千葉県のヒメボタルは夜更かしするみたいで、深夜0時~1時頃が最も活発になるらしいです。

時間に余裕があったので、1km圏内を軽く散策してみました。

僕が歩いていた道はこんな感じです。

f:id:nishi0001:20190616124234j:plain

舗装されてるから歩きやすいし、夜間車両通行禁止なので交通事故にあう危険はほぼない。

ただ、上の写真は高感度で撮影してるために明るく見えますが・・・

実際は1m先すらまともに見えない漆黒の闇です。三脚を立てて少しでも離れたら、その場所がわからなくなるくらいに暗いです。

所々に看板らしきものがありますが、カメラで撮影しないと何が書いてあるか全く見えません。試しに撮ってみると・・・・

f:id:nishi0001:20190616131121j:plain

「落石注意!これより先ガケに注意して下さい」となwww

てことで、ここで引き返します。散策終了w

撮影の準備&ヒメボタルに遭遇

基本的にはゲンジボタルと同じ方法で撮影できます。ただ、真っ暗なのでピント合わせができず。

駐車場に戻ってテキトーな明かりにピントを合わせてから再び山に入りました。

時刻は23時。

当たりをつけた場所に三脚を立てて何回か試し撮りをしてみる。途中で月明りが出てきて周りが明るくなり、「ホタルが飛ばないんじゃないか?」という懸念も出てきました。

でも、よく見ると草陰に数匹点滅しているホタルがいる。

この時、生まれて初めてヒメボタルを見ました!

本当に千葉県にいた!!!

たぶん、羽が退化して飛べなくなったメスだったと思います。点滅速度は明らかにゲンジやヘイケより速い。メスがいるって事は、そのうちオスが飛んでくるでしょう。

獣の叫び声をBGMにしながら、じっくりとオスのヒメボタルが飛ぶのを待ちました。

イノシシ、キョン、野犬、サル、鹿の大合唱が聞こえる。幸い千葉県の山中に熊はいない。それに、野生動物は臆病なのでめったな事では襲ってこない。

この状況で一番怖いものは・・・人間ですかね

こんな深夜に撮影以外で来る人がいるとしたら・・・と想像するだけでちょっと怖い。

しかもこの時、僕一人しかいなかったので襲われたら逃げるしかない。まあ武術の心得は多少あるんですが、大人数で来られたらヤバイよなw

そんなことを考えていたら、誰かが近づいてきました。

ついにヒメボタルの撮影に成功!

近づいてきたのは、僕と同じくヒメボタルを撮影しに来た人でした。挨拶を交わした後、その方は更に奥へと歩いて行きましたが暫くして戻ってきました。

そして一緒に撮影することに。

深夜1時過ぎた頃、月が山影に隠れて良い感じに暗くなりました。すると、何匹か飛び始めました。

濃溝の滝みたいに数は多くない。最大でも3匹飛ぶかどうかって感じでしたが、この希少な生物を撮影できた感動は大きかったです。

f:id:nishi0001:20190616133726j:plain

ヒメボタルは点滅速度が速いため、光跡は点になります。もっと数が多ければ光の絨毯みたいになるんですが・・・これから多くなるのかも?

因みに、カメラの設定はこちら。

撮影モード:マニュアル

F値:2.0

シャッタースピード:100秒(20秒×5枚を比較明合成)

ISO感度:3200

WB:蛍光灯

ISO感度6400の方が良かった気がしますが、ノイズが気になったので3200にしました。やっぱAPS-Cじゃ厳しいなぁ・・・フルサイズ機が欲しいw

そして1時半頃、ピークの時間帯が過ぎたので撤収することに。一緒に撮影した方と連絡先を交換して別れました。何回か撮影に来るって仰っていたので、いつかまたご一緒することもあるかもしれません。

僕も来週また来ようと思います。撮影時間が深夜なので、仕事終わってからでも余裕で撮影できるのがありがたい。仕事が早く終われば濃溝の滝とハシゴもできるし。

明日寝不足になりますが、モンスター1缶で対応すれば大丈夫でしょうw

てことで、今回の記事はここまでとなります。最後まで読んでくれてありがとうございました!

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました