どこある!~どこまでも歩く平熱系ブログ~

好きな事を好きなように書いてます

どこまでも歩く

【FX】ポジれないからトレードルールについて話す

どうも!!

 

ここ数日千葉県は快晴。寒いけどめっちゃ気持ちよくて、身が引き締まる感じがする平熱系男子にしでございます。

 

今日は昨日に引き続きFXの話をしようと思います。

 

本当は昨晩トレードして1回目のトレード結果を投稿しようと思ってたんですけど、ポジションとれるような相場状況じゃなかったので、今回は僕が大事にしているトレードルールについて話そうと思います。

 

 

トレードルールはトレーダーの命綱

本気でFXでお金を稼ごうと考えてるなら絶対に必要なのがトレードルールです。ルールを決めてトレードしないと、負けた時に痛い目にあうんですよね。。。

 

例えば、1回のトレードで5千円損した時。そこで熱くなって損失を取り戻そうとしたことはありませんか?(僕はトレード始めた頃よくやってましたw)

 

そこですぐに大きなLotでエントリーすると・・・取り戻すどころか更に1万円の損を出したりします。

 

もちろん、これをやって5千円を取り戻せることもあるんですが、これが相場の怖いところなんです。

 

「取り戻せた!!」という経験が脳に強く刻み込まれて、次も同じ事をやっちゃうんですよね。そして次はほぼ確実に取り戻すことはできません。

 

どう転がってもバッドエンドですよね。今なら「取り戻そうと思う事」が間違っているってわかるんですが・・・

 

相場は間違った行動を「君、それ間違ってるよ」と言ってくれるほど甘い場所ではないです。間違った行動をしても良い結果が出たりするんです。だから、こればっかりは自分で気づくしかない。

 

自分で気づいた「間違った行動」をやらないようにするためにあるのが、トレードルールだと思います。言わば命綱ですよ。

 

僕のトレードルール

前置きが長くなりましたが、ここからは僕のトレードルールをざっくりと紹介していきます。

 

エントリーは基本的に1日1回

僕のトレードスタイルはデイトレードです。しかも仕事しながらのトレードなので、相場を見れるのはほんの僅かな時間しかありません。

 

東京時間(9時~15時)はほぼ見れないです。スマホでちょこっとレートを確認する事しかできない。夕方16時くらいからやっと片手間でチャートを開けるようになる感じですかね。

 

なので、欧州時間後半とNY時間前半の限られた時間が僕の主戦場になります。

 

そうなるとエントリーチャンスもかなり限られてきます。一つの通貨ペアで1回あるかないかですかね。

 

その1回を捕えてエントリーして、勝ったら終わり。負けても終わり。たまたま見逃してしまったらその日はノートレードでフィニッシュです。

 

メインの通貨ペアはユーロドル、ドル円、ポンドドルの3つ

単純にこの3つがわかりやすいから、という理由でトレード通貨を絞っています。あと流動性が高いという点でも安心してトレードできる通貨ペアです。

 

ユーロ円やポンド円といった合成通貨は動きがわかりにくい上にレートが飛ぶことが多いので、よっぽど動意がないとき以外はやりません。

 

割に合わないトレードはしない

エントリーチャンスが来ても割に合わないと思ったらトレードしません。割に合わないというのは、例えば勝つ金額が5千円に対して負ける金額がそれより大きい時です。

 

損切りより利確が大きくなる見込みがある時だけトレードします。最低でも利確は損切りの1.5倍は欲しいですね。

 

許容損失額を決めておく

あらかじめ期間を決めて許容損失額を決めておきます。今回は2万4千円という少額からのスタートなので、1週間の許容損失は資金の20%としておきます。20%以上減ったらその週はトレードをやめます。

 

資金が多くなってきたらパーセンテージを下げていくことにしましょう。そうすることで資金を失うリスクをより小さくできます。

 

体調と精神が崩れている時はやらない

不調の時にやったら大体負けるんですよね。以前、39℃の熱が出てる時にトレードしたら一瞬で負けました。あと、イライラしてたり落ち込んでたりする時も負けやすいですね。

 

そういう時はトレードなんかやらないで復調するまで休むことにしてます。

 

まとめ

細かいルールはもうちょっとあるんですが、ざっくり話すとこんな感じです。僕のトレードルールは「やらない事を決めておく」って感じですかね(笑)

 

勝つためではなく、負け過ぎないために作ってます。

 

勝つかどうかは正直、相場の気分次第なのでね。余計な事して負けないよう気をつけて2万4千円をどこまで増やせるか試してみようと思います( ̄▽ ̄)

 

それではまた!