どこまでも歩く平熱系ブログ

30代の男が平熱高めでいろいろやってく

小湊鉄道「飯給駅」で桜と列車のリフレクションを撮る!

f:id:nishi0001:20190430184416j:plain

時は遡ること3週間・・・

 

千葉ではまだ桜が満開の頃、小湊鉄道の飯給駅で写真撮ってきました。飯給駅は列車と桜のリフレクションが撮れることで有名な撮影スポットです。

 

本当は撮影してすぐに投稿しようと思ってたんだけど、公開直前に記事がまるっと消えるという謎のバグが起こりまして・・・しばらく萎えていました。

 

でも今日は平成最後の日。「平成の事は平成のうちにやっとかないと」ってことでね、再び記事作成して投稿しようと思ったわけです。

 

因みに、飯給と書いて「いたぶ」と読みます。これ初見で読めたら凄いですね。僕は読めませんでした。

 

「はんきゅう」って読んでた

 

 

アクセス

内房線五井駅から小湊鉄道に乗り換えて1時間弱で飯給駅に着きます。車で行く場合は、木更津東ICで降りて県道160号を走れば着きます。

 

ただ駅の駐車場は広くないので、混雑時はちょっと離れた「緑の広場」に駐車するとよいでしょう。

 

駅の周りで路上駐車してる人結構いたけど、危険だからやめた方がいいです。

 

飯給駅の周りは花だらけ

f:id:nishi0001:20190430144841j:plain

緑の広場に駐車して徒歩5分で到着。ここが飯給駅です。周りは菜の花と桜で覆い尽くされていて凄く綺麗!!

 

 

f:id:nishi0001:20190430145005j:plain

今ではめっきり見なくなった電話ボックスがありました。

 

 

f:id:nishi0001:20190430144849j:plain

飯給駅、ホームからの景色はこんな感じ。見ていて全く飽きない。花の時期は列車の待ち時間があっという間に過ぎそうですね。

 

それに香りが漂ってきて心地よい。

 

 

f:id:nishi0001:20190430144856j:plain

こちらは世界一大きい女子トイレだとか。外周は53mあり、大自然の中で用を足す感覚が味わえるようです。菜の花の中で用を足す・・・これが本当のお花摘みなのかもしれないw

 

桜と列車のリフレクション

f:id:nishi0001:20190430144956j:plain

さて、田んぼの方に降りて目的の写真を撮りに行きます。

 

水田に映る桜と列車のリフレクション・・・ネットで見たけど、実際には見るのも撮るのも初めてです。

 

 

f:id:nishi0001:20190430145013j:plain

時刻は12時ジャスト。あと十数分で列車が来ます。三脚を構えて待っている人もいますね。

 

僕も良さそうな構図を探して待つことにします。

 

 

 

f:id:nishi0001:20190430144937j:plain

とりあえず駅舎を真ん中に配置して試し撮りしてみた。やっぱ正面からが無難かな?

 

 

すぐそばに花筏があったから入れてみたいと思ったけど・・・

f:id:nishi0001:20190430144946j:plain

この構図だと停車中の列車は見切れてしまうか。これはこれで綺麗なんですけどね。

 

うん、正面から撮ることにしましょう。

 

てことで10分後。

 

 

f:id:nishi0001:20190430144903j:plain

なんとか目的の写真が撮れました。風で若干水面が揺れてしまってるけど大満足です!

 

菜の花の黄色い絨毯が眩しい!

列車は思ったより長く停車していました。カメラマンのために止まっててくれたのだとしたら非常にありがたい。

 

せっかくなので駆け足で移動して菜の花と一緒に撮ってみました。

 

f:id:nishi0001:20190430144915j:plain

黄色が眩しい!!

 

菜の花は密集感を表現したいですね。

 

 

f:id:nishi0001:20190430144930j:plain

うーん、こっちの方が密集感が出てる?

いや、あんまり変わらないかな?

 

 

最後に1枚!

電車が行っちゃった後はレジャーシート敷いてボーっと座ってました。のんびりと景色眺めて日頃の雑務からの解放感を味わっていたら、いつの間にか1時間経ってました。

 

そろそろ折り返しの電車が来る時間。

 

最後に1枚撮って帰ります。

 

f:id:nishi0001:20190430145021j:plain

 

ということで、今回の記事はここまでです。

 

これが平成最後の投稿になりますが、令和になっても引き続き僕のブログを読んでくれたら嬉しいです!

 

それではまた('ω')ノ