どこある!~どこまでも歩いていくブログ~

好きな事を好きなように書いてます

どこまでも歩く

従兄弟と受験の話をした

f:id:nishi0001:20180809171832j:plain

どうも、平熱系男子のにしです。こんばんは!

 

先日、従兄弟が僕の母校のオープンキャンパスに行ったようで、その時の様子をLINEで語ってくれました。

 

「にし兄ちゃんの行ってた大学広いね」

とか、

「にし兄ちゃんの行ってた学科だけ建物ボロかったよ」

とか言ってましたねw

 

僕の行ってたとこは理系学部なんだけど、建物ボロい代わりに研究機材が素晴らしくてね。そっちに予算使いまくってたんだと思う。ま、それはともかくとして・・・

 

従兄弟は高校2年生でもう将来の進路を考え始めてます。早い時期からオープンキャンパスに行ったりして、凄いと思いましたよ。

 

僕なんか高2の夏休みは部活とゲームしかしてなかったなぁ・・・・

 

是非、合格して僕の後輩になって欲しいものです。

 

てことで、今日はそんな従兄弟と受験に関する話をしたので、その内容をここに書こうと思います。

 

 

受験で大切なものは?

従兄弟に一番最初に質問されたのがこれ。

 

受験で大切なのは何と言ってもやる気ですよ。これが無いと始まらないです。そもそもやる気ない人にアドバイスしても無駄だし、やる気ある人は自分からいろいろ行動して「どうすれば受かるか?」って考えるので、僕からのアドバイスなんて必要ないでしょう。

 

どうしてもやる気が持てない人は・・・将来の夢を語りましょう。人に語っていれば自然と夢が具体的になって、叶えるための道筋が見えてくるかもしれません。

 

そんなこと言われても夢なんて特に無いよ~って人は、とりあえず数学やりましょうw

 

僕の高校生の頃の夢は数学者になる事だったので、数学科に行って代わりに夢を叶えてくだーさい('ω')

 

学校の授業は大切

高校生が大半の時間を過ごすのが学校。その時間を有効活用しないともったいない。

 

僕が高校生の頃、授業中に予備校の参考書とか読んでた人いたけど、それ絶対頭に入ってこないのでやめた方がいいです。

 

授業はしっかり聞いて、わからないところは早めに先生に質問して解決しておくことが凄く重要です。これの積み重ね、デカイです!

 

結局、入試って学校で習った事をしっかり身に着けておけば殆ど解けるようにできてるんですよね。

 

神に頼るな!

神社で「僕を〇〇大学に合格させてください!」って頼むくらいなら、その時間で英単語1つ覚えましょう。

 

そもそも神頼みするってことは自信が持ててない証拠なので、神頼みが必要なくなるくらいに勉強して自信をつけるべき。その方が受かった時の喜びも大きいと思います。

 

「神よ、僕を大学に受からせるために力を使うなら、その分の力を病や災害で困ってる人のために使ってくれ!」・・・これくらいの心の余裕を持てるように準備しましょう。

 

勉強に関するアドバイスは?

これって人それぞれなので簡単に答えを出せないんですが・・・強いて言うなら苦手科目をなくす事ですかね。得意科目で90点を95点にするより、苦手科目で50点を80点にした方が結果も出やすいです。受験は点数多く取った方が勝ちですからね。

 

あと、苦手かどうかって本人の思い込みによる所が大きいんですよ。要は自分で「これは苦手科目だ!」と決めつけてるだけで、実際は勉強して理解できるようになれば点数とれます。苦手が苦手じゃなくなるんですよ。

 

さいごに

最後に一言・・・

 

受験は自分を信じてとにかく頑張れ!以上!

 

てことで、今日の記事はここまでとさせて頂きます。

 

それではまた('ω')ノ