どこある!~どこまでも歩いていくブログ~

好きな事を好きなように書いてます

どこまでも歩く

下半身の筋肉は重点的に鍛えておくべき

どうも、平熱系男子のにしです。こんにちは!

 

この前、朝の番組で筋肉貯金を増やす特集を見ました。筋肉貯金とは筋肉の量がどれくらいあるかってことです。

 

人間の体は動かさないとどんどん筋肉量が減っていきます。特に30代以降ではその傾向が強くなる。

 

筋肉が減れば代謝が落ちて太りやすくなるし、転んで怪我をしやすくなります。また、いろんな病気にかかりやすくなる。

 

高齢者によく聞く話ですが、転んで骨折し、動けなくなってそのまま寝たきりになるケースが多いようです。

 

だから、ながーく健康に生活するためには筋肉貯金を増やすことが大切になりますね。

 

筋肉貯金を増やすには有酸素と筋トレ、どっちがいい?

筋肉を増やすには体を動かすことが重要。そこで疑問なのが、有酸素運動と筋トレどっちがいいの?ってことですよね。

 

結論から言うと筋トレの方がいい。

 

有酸素では運動の負荷が全然足りないんです。個人的には1日一万歩歩いたとしても筋肉貯金を増やせないと思ってます。

 

筋肉は高負荷をかけてダメージを与えることで強くなり、量が増える。キツイ筋トレを短時間やる方が効果的なんです!

 

まあ、有酸素がダメってワケではないんですが、関節痛などで高負荷のトレーニングができない人は、有酸素から始めて徐々に筋トレに移行していくのがいいのかもしれません。

 

どこから鍛えていく?

うちの父も言ってたんですけど、歳をとると足腰から弱くなっていくそうです。つまり、下半身の筋肉を減らさない事が重要ですね。

 

筋トレっていうと大体の人が上半身を中心に鍛えます。鍛え抜かれた上半身は確かにカッコイイ。ジムに行くと上半身やってる人がめっちゃ多いですよ。

 

でも、健康な生活を送るために一番重要なのは下半身の筋肉です。

 

立ち上がる時、階段を上がる時、歩くために一歩を踏み出すとき・・・日常生活の殆どの動作は下半身が中心になってやってます。

 

骨格筋の8割は下半身に集中しているので、下半身を鍛えれば効率的に筋肉貯金を増やせるでしょう。

 

どんなトレーニングをする?

下半身を鍛えるならスクワットとランジがいいですね。

やり方はYouTube動画を参照してください。

 

 

正直、筋肉貯金を増やすだけならこの二つをやれば十分。結構キツイですよコレ。

 

1回あたり15分やったとして、週2回ほどやれば十分です。

 

てか、本気で負荷をかけて追い込めば週2回以上はできないですよ(;^_^A

 

筋肉が多い=若い

テレビの特集では「筋肉貯金をしている80歳と筋肉貯金をしてない30歳では筋肉量がほぼ同じ」と言ってました。

 

つまり、80代でも筋肉が多ければ若い人とそれほど変わらないということ。

 

みんな、若さを保ちたいならスクワットやろうぜ!

 

僕はこのレベルの脚を目指してます。

 
f:id:nishi0001:20180519024733j:image

フリーザ様の筋肉貯金、53兆!!

 

それではまた!