どこある!~どこまでも歩く平熱系ブログ~

好きな事を好きなように書いてます

どこまでも歩く

米麹(こうじ)を自作する方法。意外と簡単に作れるよ!

f:id:nishi0001:20190306220605p:plain

どうも、平熱系男子にしです。

 

今日は米麹(こうじ)を自作する方法を紹介します。

 

米麹は米に麹カビを繁殖させたもので、甘酒や味噌、塩麹、日本酒などの原料として有名です。最近では美容や健康にも良いと言われていて注目されていますね。

 

米麹はスーパーに行けば手に入ります。200gで300円くらい。

 

ただ、200gだとあっという間に使ってしまうんですよね。しかも300円ってちょっと高い・・・

 

1kg買ったら1500円ですからね。

 

僕は甘酒の上品な味が結構好きでよく飲んでるし、塩麹は料理にも使います。だから、麹のコストを下げたい。

 

そう思って自作しました

 

因みに1kgの麹を自作した場合、コストは約300円になります。市販品の5分の1程度ですね。素晴らしい!!

 

 

米麹の自作に必要なもの

・種麹(小さじ1)

・米(1kg)

・蒸し布

・飯台

・蒸し器

・ボウル・ザル

・電気毛布

・しゃもじ

 

種麹は麹菌の種です。一般的なスーパーには売ってないのでAmazonで買いました。

種麹 100g

種麹 100g

 

100gもあれば2年くらい使えそう・・・

 

あと、ある程度の量を作りたいから米は1kg用意しました。

 

麹の作り方

作り方はばーちゃんから教わりました。ばーちゃん曰く「昔はみんな自分で作っていた」とのこと。麹作りで重要なのは温度管理だそうです。麹の発酵に適した温度を保つことが成功の秘訣!

 

あと雑菌が入らないよう、器具や手は綺麗に洗っておこう!

1.米を水に漬ける

P_20190226_204226

まずは水が透明になるまで米をよく研いで、一晩水に漬けておきます。無洗米を使うと楽ですね。

 

2.米を蒸す

P_20190227_121243

次にザルでよく水を切ってから、蒸し器にセットします。弱火で1時間蒸します。

 

 

IMG_6652

蒸しあがった状態。米はちょっと固くてパラパラしているのがベストかな?

 固すぎると思ったら、蒸し時間を延長してみてください。

 

3.冷まして種麹をまく

IMG_6655

米を蒸し器から飯台に移しました。

麹菌は60℃以上だと死んでしまうので、しゃもじ等で混ぜながら冷ましていきます。

 

 

IMG_6656

米の温度が猫の体温(約38℃)と同じになるまで冷ましました。種麹をまくのは38℃くらいがベストだとばーちゃんが言ってました。

 

 

IMG_6657

種麹は米1kgにつき1~3g程度使います。初めてなので3g(小さじ1)にしました。多めにまいておけば失敗しにくいでしょう。

 

因みに、茶こしを使えば均一にまくことができます。まき終わったら手でよく混ぜましょう。

 

 

IMG_6658

そしたら、このように丸めます。紐などで縛っておきましょう。

 

ここからは発酵タイムです。

 

 

IMG_6659

そして電気毛布の中へ。

 

 

IMG_6660

ぐるぐる巻きにして保温します。麹の温度が33℃以下にならないよう気をつけましょう。

 

因みに、電気毛布は24時間つけっぱなしにしても電気代は1~2円です。意外とかからないですよね。

 

4.手入れ1回目

IMG_6685

種麹をまいてから24時間後、1回目の手入れ(麹を混ぜ直す作業)をします。この作業の目的は麹菌の繁殖が均一になるようにするためです。

 

飯台に広げて手早く混ぜます。因みにこの時の温度は43度でした。

 

麹菌自体の発熱によるものなので、まさに生きているって感じですね!

 

 

IMG_6688

写真だとわかりにくいかもしれませんが、麹菌が白くついています。

 

手入れが終わったら、再びぐるぐる巻きにして保温します。

 

5.手入れ2回目

1回目の手入れから16時間後に2回目の手入れをします。

 

IMG_6690

 

IMG_6692

どうでしょう?

だいぶ繁殖してますね。麹の花が咲き始めてます。

 

 

IMG_6693

手入れをしたら、今度は飯台に広げて発酵させます。

 

 

IMG_6694

蒸し布とビニールを被せて、

 

 

IMG_6695

上から電気毛布を被せます。

 

この時点で33℃くらいを保てればオッケーなので、冬場じゃなければスイッチ切っておいても大丈夫でしょう。

 

6.完成

2回目の手入れから8時間後。ついに完成しました!!

IMG_6758

板に張り付いてたので、しゃもじで剥がしてみました。

 

 

IMG_6759

もうね、麹の花が満開ですよ!!

ボワボワしているでしょう?

触ると気持ちいいです(笑)

 

 

IMG_6762

思ったより質の良い麹ができたので、ほぐしてから袋詰めにしました。この状態で冷蔵庫に保存すれば1ヶ月くらいもちます。

 

甘酒いっぱい作るぞ~♪

 

まとめ

麹ができるまで2~3日かかります。かなり手間がかかると思われるかもしれませんが、実は待ち時間が殆どなのでず。

 

1回1回の作業は数分(蒸すときだけ1時間必要だけど)なので、思ったより楽で簡単に作れますよ。

 

スケジュールもこんな感じに決めておけば仕事しながらでも作れます。

 

・水に漬ける(前日の夜)

・米を蒸す&種麹をまく(1日目の朝)

・手入れ1回目(2日目の朝)

・手入れ2回目(2日目の夜)

・完成(3日目の朝)

 

今回自作した麹は生麹です。スーパーで売っている乾燥麹よりも活性が高く、美容や健康にも高い効果が期待できると思います。

 

しかもコストは5分の1程度。

 

自作する価値は十分にあると思います!