雑草地を開墾!!男1人で1から畑作り 穴掘り編

2019年7月25日

家の敷地に雑草ぼーぼーのデッドスペースがあったので開墾することにしました。

今までは元々畑だった場所をお借りして栽培していたのですが、自分で1から畑作りを経験したいと思いまして。

何もない痩せた土地を畑にして野菜育てるの、なんかロマンがあるじゃないですか~。男のロマンですよ。

しかも、苦労して作った野菜ってめっちゃ美味しいから!!

今回は重機なしで僕1人のパワーのみで開墾していこうと思います。文明の利器には頼らず、人力のみでやるのでね。昔の人がどれだけ大変な事をしていたのかをしっかり噛みめていきたい。

畑作りの手順

雑草地を畑に変えるためにやっていく事を簡単に説明します。

基本的にはこの4つの作業ですね。

・草刈り

・穴掘り

・穴埋め

・施肥

邪魔な雑草を除去して、穴掘って穴埋めて堆肥を撒きます。今回は草刈りと穴掘りをやっていきます。

使う道具

・草刈り機

・三角ホー

・鍬

・スコップ

草刈り機にエンジン付いとるやん!人力じゃないやん!ってツッコミたくなるかもしれませんが・・・ちょこっと上を刈るだけだから許してください。根本的な部分は三角ホーでやっていきます。

雑草を刈る

f:id:nishi0001:20190602230658j:image

こちらが開墾する土地です。雑草ヤバイですね。

6月上旬は生育が早くて、2週間もほったらかせばこの通りですよ。とりあえず草刈り機で一掃します。

f:id:nishi0001:20190602230715j:image

草刈り機の弱点は地表部しか刈り取れないこと。根が残っているので、しばらくするとまた生えてきます。ここからは三角ホーの出番。

f:id:nishi0001:20190602230744j:image

三角ホーは柄の部分が長く、立ちながら草刈りができるという優れものです。腰が弱い人でも扱いやすいのでオススメ。

おまけに多少の耕し機能もついているので、硬い地表部を柔らかくできます。これで草を根っこごと除去していきましょう。

f:id:nishi0001:20190602230805j:image

うーむ、ちょっと根っこが残ってしまった。次の穴掘り作業で取り除いていきますかね。

あ、因みに、畑の広さは3m×2.5mです。4畳半くらいの広さかな。

穴を掘る

土が思った以上に硬く、岩もゴロゴロ出てくる。こんな状態では畝を立てても根菜は育てられません。作物が縦方向にも伸びれるように、穴を掘って土を柔らかくしていきます。

f:id:nishi0001:20190602230818j:image

深さの目安は30cmほど。鍬を使って掘り下げていきますが、この作業がめちゃくちゃ大変!!

たぶん、五千回以上鍬を振り下ろすことになると思う。

f:id:nishi0001:20190602230842j:image

崩した土はスコップで一旦外に置いておきます。意外と粘土質で硬い。。。

こんなことを約6時間、無心で続けた・・・

その結果。

f:id:nishi0001:20190602230934j:image

なんとか穴掘り作業まで終了(丸一日かかってしまった)。積み上げた残土が写真に納まりきれませんね。

残土は大きい石を取り除いて戻していくワケですが、今はもう、殆ど握力が残ってないです。来週やることにします。

腱鞘炎一歩手前まできてるwww

おまけに脇腹辺りが筋肉痛。普段使ってない筋肉をバッキバキにつかったので体が悲鳴をあげております。

30代の男一人のパワーをごっそり奪っていく開墾という作業。その大変さを身をもって体験することができました。

土作り編へと続く・・・