どこある!~どこまでも歩いていくブログ~

好きな事を好きなように書いてます

どこまでも歩く

筋肉つけといて良かったな~って話

f:id:nishi0001:20180908125737p:plain

どうも、平熱系男子のにしです。こんばんは!

 

筋トレがダイエットに効果があるのを知ってからひっそりと筋肉を鍛え続けています。真面目に筋トレ初めてからもう2年くらい経ちますかね。

 

因みに、こちらが僕の腕(恥ずかしいから小さめの写真でw)

f:id:nishi0001:20180908104343j:plain

2年もやればそこそこ付いてきます。まあ、ボディビルダーのようなキレッキレの体にはなれなくても、「あ、この人鍛えてるんだな~」って思ってもらえるくらいにはなれます。

 

てことで、今日は筋肉つけといて良かったな~って話をしようと思います。

 

 

どうやって筋肉つけた?

まずは筋肉のつけ方について簡単に説明します。ここでは難しい話を抜きにしてざっくりと・・・・やってる事はかなりシンプルです。

 

鍛えて食べて休む。

 

これだけ。

 

これを繰り返すだけです。本当にシンプルでしょ?

 

でも、この3つのうちどの過程が抜けてもダメです。「食べる」と「休む」も立派なトレーニングですからね。

 

筋肉をつけといて良かった話 その1

では、これから「筋肉をつけて良かったな~」と思った話をしていきましょう。

 

まず、筋肉つけてから太りにくくなりました。筋肉は基礎代謝が高く、何もしてなくてもかなりのエネルギーを消費します。よって、多少食べ過ぎたくらいでは太りません。

 

飲み会やパーティなどで食べ過ぎてしまっても、次の日の食事をコントロールするだけで元に戻せます。

 

また、最近は「筋肉貯金」なんて言葉もあるように、筋肉がある=身体が若いという式が成り立ってます。高齢でもしっかり歩ける人は足腰に筋肉がしっかりついていますよね。

 

筋肉つける事は健康にも良いのです。

 

筋肉をつけといて良かった話 その2

筋肉は仕事でも役に立ちます。

 

パワーが上がるから力仕事してもあまり疲れない。それに、普段のトレーニングによって体力が底上げされているのでアクティブに動けます。やれる事が多くなるんですよね。

 

仕事というか人生は体力ゲームなところがあります。

 

頭が良くても体がついていかなければ、せっかく良いアイデアを思いついても実現できません。逆に頭が悪くても体を動かし続けてれば、何かよくわからないけど上手くいっちゃう事だってあるんですよね(笑)

 

だから、筋トレして体力つけとけば人生上手くいくことが多くなると思います。

 

筋肉をつけといて良かった話 その3

筋肉は平和的解決にもつながります。

 

先日、連れと2人で電車の指定席をとった時、僕の席に知らないジイサンが座っていました。そのジイサンは社内で車掌さんから指定席券を買ったようですが、駅の券売機であらかじめ買っておいた僕がその席に来たら他の席に移動しなければなりません。

 

それが指定席のルール。

 

最初は僕の連れがそのジイサンによけてくれるよう交渉していました。連れも僕の隣の席を買っていたので。でも、そのジイサンから「他の席に座れ」と言われたようです。

 

他の席が2つ連続で空いてるという確証があればそれでも良かったんですけど(面倒を起こしたくないから)、そんな確証ないし、乗った電車自体が結構混んでたので、何としてもよけて欲しかった。

 

そこで僕は上腕三頭筋を見せながら「そこは僕の席です。どいてくれませんか?」と言いました。「どいてくれないと実力行使しますよ」という意味を含めた威圧をしながら(実際、実力行使はしません。したら負けですからねw)。

 

そしたら、渋々快く席を変わってもらえました♪

 

もし僕に筋肉がなかったら、席を移動してもらうどころか喧嘩になってたかもしれません。電車内で醜い口喧嘩を繰り広げるなんてみっともないですからね。そんな行為をせずに済んだのは、筋肉のおかげです(たぶん)。

 

 

筋肉があれば平和的に解決できるので、平和主義者は筋トレして筋骨隆々になればいいと思います。

 

さいごに

筋肉は誰でも頑張ればつけられるし、つければ良い事もあります。なので、筋トレは凄くオススメです。

 

僕ももうちょっと筋肉つけたいので、まだまだ頑張ろうと思います。今のところボディビルダーみたいになろうとは思ってないけど、長距離を歩き続けることができる筋肉量は維持したいです。

 

まあ、たぶん筋トレは一生続けるでしょう。自分の筋肉繊維を傷つけて「あ、今日も少し強くなれた♪」って喜んでいるドMですからねw

 

 

てことで、今日の記事はこのへんで終わりにします。

 

また次回お会いしましょう!('ω')ノ