スマホで桜を綺麗に撮る方法

2019年7月26日

公園を歩いていたら河津桜がチラホラと咲いていました。2月も半ばということで、もうそろそろ春が姿を現す頃ですかね。

 

今年の冬はそんなに寒くなかった気がします。もしかしたら去年と同じく桜の開花は早いかもしれない。花粉が飛ぶのも早いかもしれない。

 

そういえば僕の実家のすぐ近くには巨大な杉の木があって、大量の花粉をまき散らすことで有名でした。

 

3月上旬になるとその周りに住んでいる人はみんな花粉症で苦しんでいたんですが、なぜか僕の系譜だけは平気で、恐らくスギ花粉に強い血筋なのだと思います。

 

ただ、僕はダニ埃アレルギーなので花粉症の辛さはなんとなく想像できます。

 

1回出たら止まらない、走り出したら止まらないRunny Noseの辛さよ!

 

ホントね、鼻水って一番集中力を奪うんですよ。仕事中に出始めたらその日1日の作業が全く進まなくなります。

 

そして、大事な場面で止まらなくなったら悲惨。特にこれから受験の人は花粉症対策は万全にしておくことを激しくオススメします。

 

えーっと、花粉はここまでにして話を桜に戻します。

 

みなさん、桜の写真撮るの楽しみですよね!!

 

今のスマホは写真機能も充実してきて、コンデジと大差ないレベルの写真が撮れます。もうそろそろTwitterなどで桜の写真が見れるんじゃないでしょうか?

 

そこで、今日はスマホでも桜を綺麗に撮る方法を書こうと思います。

 

f:id:nishi0001:20190218223816j:plain

まずはこちらの写真を見てください。僕のZenfone3Maxで撮った河津桜です。

 

まあ、よくある失敗写真ですね・・・全体的に暗いです。オートで撮影するとこうなります。

 

なぜこうなるのかというと、カメラって明るいものを暗く写そうとし、暗いものを明るく写そうとする性質があるからです

 

空が一番明るくて、その明るさを調整するために全体的に暗く写るんですね。

 

なので、明るさの設定をちょっと変えてやれば写真が劇的に良くなります!!

f:id:nishi0001:20190218235328j:image

具体的には明るさをプラス側に補正してやります。

 

天候や周りの明るさにもよるんですが、だいたい+0.5~+2.0くらいで補正してやると良いでしょう。

 

今回は+2.0でやってみますね。一番明るい設定で撮ってみます。

 

すると・・・

 

f:id:nishi0001:20190218223841j:plain

どうでしょう?

花が明るくなっていい感じになりましたね。

 

今度は寄って撮ってみますね。

 

f:id:nishi0001:20190218223913j:plain

 寄る時はマクロモードにすればピントが合います。スマホで撮ったにしては良い感じではないでしょうか。

 

でも、背景のボケは一眼には敵いません(^^;)

 

スマホはセンサーサイズが小さいから仕方ないです。この辺は差別化しとかないと一眼の立場がないでしょう(笑)

 

ということで、明るさの設定をちょっと変えるだけで桜は綺麗に撮れるようになるので、良かったら参考にしてみてください。

 

それではまた!!