写真で稼ぐ!!ストックフォトを始めてみる

スポンサーリンク

f:id:nishi0001:20190331095538j:plain

どうも、平熱系男子にしです。

 

PIXTAに登録した写真が売れてビックリ!!という記事を書いた後にまた1枚売れまして、本格的にストックフォトに取り組んでみたくなりました。

 

半自動的に稼げる収益源が欲しいと思ってたところに、写真が売れる可能性を見出せたのでね

 

例え微益でも売れた時は凄く嬉しかった。スピリチュアル的に言うと「魂が喜んでいる」感じ?

 

もしかしたら30代半ばにして天職を見つけたかもしれません。

 

趣味で撮った写真がたくさん売れるようになったら、レンズ沼にハマっても大丈夫ですよね。欲しいレンズいっぱい買えます。世界にはストックフォトだけで何億も稼ぐ人がいますから。

 

写真1枚で家が建ったなんて話も聞いたことがあります。

 

夢がありますよね・・・

 

ということで、今日はストックフォトの話をします。

 

Shutterstockに登録してみた

PIXTAの他に、世界大手のストックフォトサービスであるShutterstockに登録しました。

www.shutterstock.com

 

こちらは審査が早いです。写真をアップロードしてから数日で販売できるようになります。

 

他にAdobe Stockにも登録しました(まだ写真はアップしてない)。

 

Shutterstockで審査に落ちた写真

個人的にShutterstockはPIXTAより審査が厳しい気がします。特に技術的な部分はしっかり見ている。

f:id:nishi0001:20190329215910p:plain

ノイズ大きめの写真は落とされました(笑)

 

でも、却下の理由を教えてくれるので有難いですね。勉強になります。

 

逆に言えば、Shutterstockはしっかり撮れてて商標的に問題がなければ通りやすいと言えるでしょう。

 

どんな写真が売れるのかな???

ストックフォトでは人物写真がよく売れるらしいですが、これはやってみないとわからないですね。

 

僕は風景や動物の写真がメインになると思います。その中から売れる写真を探していきます。

 

因みに、風景写真は季節ものは旬の時期の半年くらい前に需要が出ると思うんで(その時期にパンフレットとか作るから)、売れるのは半年以上経ってからだと考えた方が良さそうです。

 

いずれにしても、副業と言えるほどの収益を上げるには相当時間がかかりそうです。

 

毎日のノルマを課してみる

ストックフォトで稼いでいそうな人のアカウントを見ると、少なくとも5000枚以上の写真をアップロードしています。

 

なので、最初の1年で5000枚以上アップしたいと考えてます。

 

すると、1日のノルマは・・・約14枚ですね。

 

僕の場合、raw現像してストックフォトサービスへアップロードするのに1枚あたり3分かかるので、1日45分とれればできますかね。

 

うん、サボリ虫が出てこなければいけるっしょ!

 

ストックフォトと言うだけあって積み重ねが大事ですよね。この点はブログと同じかな(笑)

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました