砂糖断ちしてから2年半!効果が凄い!体と人生が変わりました

身体に良いこと
スポンサーリンク

もうかれこれ2年半、砂糖をたくさん使ったお菓子やジュースは口にしていません。

この話をすると「えー、そんなの考えられない!」とか「甘い物食べないなんて人生半分損してる」とか、色々言われます。

しかし、僕は砂糖断ちしてから体の調子が物凄く良くなりました。人生損するどころか倍くらいお得になった感じがあります。

本当に凄いんですよ!効果がとんでもなく凄い!

タイトルにある通り、体も人生もまるっきり変わりました。「以前とはまるで別人だ!」とよく言われます。

なので、今日は砂糖をやめたキッカケと方法、そしてそれにより僕がどう変わったのか?を書こうと思います。

砂糖は最強最悪の毒

実は、砂糖って恐ろしいものなんです。

砂糖断ちを始めたキッカケは内海聡氏が書いたこの本にあります。

まず、「砂糖は最強最悪の毒」というフレーズが強烈でした。

現在の私たちの生活の中で、最も普遍的に普及し、最も売られていながら最悪最強の毒、それが砂糖のたぐい・・・(中略)・・・科学的にいうと、糖は糖化というものをもたらしますが、糖化は活性酸素を生み出し、過酸化を誘導し、体内ではAGE(糖化最終生成物)が生成され、さまざまな病気を誘発します。

(内海聡著 トクホを買うのはやめなさい P.114-115より引用)

砂糖が糖化???AGE????

一瞬、内容を疑いましたよ。だって、そんな悪いものがなんでスーパーなどの身近な場所で売られてるの??って思ったから。

でも、恐ろしさはよく伝わってきました。

砂糖はさとうきびを精製したもので、自然界には存在していません。つまり食品添加物と同類・・・自然界に無いものを食べれば体に負荷がかかりますよね。

野生動物は砂糖なんて食べないし、うちの猫も絶対に食べません。

もしかしたら本能的に「これ食べたらヤバイ!」って感じているんでしょうか?

そう考えると妙に納得することができました。そして同時に砂糖は本当にヤバイものだという認識を持ち始めました。

 健康に害を及ぼし、様々な病気を引き起こす・・・

「どんなことしてもやめなければ!!」と僕は決意したのです。

砂糖をやめる方法 その1(辛いけど即効性がある方法)

砂糖は中毒性が高い物質なので、やめるのに苦労しました。

もともと甘いものがあまり好きではない僕でも最初の3日間は辛かったです。もう、本当に甘いものが食べたくて仕方なかった・・・

ところが、それから徐々に甘いものに対する欲がなくなっていき、2週間経った頃には全く欲しなくなっていました。

なのでもし砂糖断ちを始めるのであれば、

最初の3日間は全力で我慢すること。

これが最短ルートで行く方法だと思います。

たった3日です。本気になれば必ず我慢できます。

この3日を乗り越えてしまえば、2週間は割と楽にいけます。2週間を過ぎたらもう大丈夫だと思います。ほぼ成功したと言って良いでしょう。

そこからは人生が変わり始めますよ!

砂糖をやめる方法 その2(割と楽な方法)

「とはいっても、そんな辛いやり方は無理だ!」って人のために、もう1つ方法を紹介します。

それは、砂糖を別の甘いものに置き換えていくというやり方です。実はこれ、僕の家族が実践した方法です。

みなさん、糖アルコールってご存知ですか?

糖アルコールは糖の一種ですが砂糖と比べて吸収率が低く、血糖値が上がりにくいという特徴があります。

代表的なものにキシリトールがあります。キシリトールガムが有名ですけど、最近は砂糖の代わりにキシリトールを使ってるチョコも売っています。

僕の家族は砂糖をキシリトールに置き換えたら、ストレスなく砂糖断ちできました。キシリトールにもしっかり甘さがあります。

ただ、キシリトールは取り過ぎるとお腹がゆるくなることがあるので気をつけないといけません。何事もほどほどが大事ですよね。

最終的にはキシリトールの摂取量も減って、僕と同じレベルでの砂糖断ちができるようになりました。ちょっと時間かかるかも知れませんが、「辛いのは嫌だ!」って人はこちらの方法をオススメします!

砂糖断ちの凄い効果

さて、ここからは僕の体に起きた変化を1つずつ説明していきます。

歯垢・歯石の激減

実は僕、昔から虫歯に悩まされていました。しっかり磨いたつもりでも、定期健診に行くとよく虫歯が見つかってました。殆どは小さな虫歯なんですけど、酷いときは詰め物の下に大きな虫歯が見つかって、神経を抜く治療もしました。

神経抜くのってめちゃくちゃ痛いんですよね・・・

ところが砂糖を断ってから2年半、全く虫歯にならなくなりました。半年に1回の定期健診で毎回のように見つかってた虫歯が全く無くなったんですよ。

もう、これだけでも本当に嬉しいことです。

考えてみれば虫歯菌が砂糖を食って酸を吐きだすことで虫歯になるのだから、砂糖を口の中に入れなければ虫歯にはならないのは当然ですよね(笑)

そして砂糖を食べなければ歯垢も減り、歯石が付きにくくなります。その分、虫歯や歯周病になるリスクが低下するということですね。

8020も夢ではありません。

正直、虫歯の悩みから解放されるだけで人生だいぶ変わります!

感情の起伏が緩やかになった

甘いもの食べると血糖値が急上昇して落ち着かない気分になるそうですが、それが無くなったからか感情の起伏が緩やかになりました。最近はブチ切れた記憶が全くありません。

家族や周りの人からは「驚くほど穏やかになったね!」と言われました。

もともと僕はあまり感情が動かないタイプの人間ですが、更に穏やかになったということで、自然と笑顔で過ごすことも多くなりました。変な不安や緊張感もスッと消えて、心が楽になりました。

なのでトラブルが起きても慌てず、落ち着いて行動できるようになりました。結果的に仕事も上手くいくようになりました。

仕事が上手くいけば人生も変わります。

体力・持久力がめちゃくちゃ上がった

体力的な変化といえば、走るのがめちゃくちゃ楽になりました。持久力はあまり無い方(5kmも走れなかった)だったんですが、今では10kmは余裕で走れますし、1日40km歩く旅もできるようになりました。

体重が減って体が軽くなった感じもあるんですが、どちらかというと体の底からエネルギーが供給され続けているような感じが強いですね。疲れにくい体になったのは間違いないです。

記憶力上昇

物覚えが良くなりました。あと、計算も速くなりました。あくまで過去の自分と比べてですけど(笑)

以前、何かの本に書いてあったんですが、脳の余分な脂肪が無くなると頭がクリアになるそうです。砂糖断ちで物覚えが良くなったのも、脳の余分な脂肪が無くなったからなのかもしれません。

ダイエットに成功した

2015年当時95kgあった体重が半年で79kgになりました。恐ろしいスピードで体が引き締まっていきました。顔つきも変わり、頬と顎がだいぶスッキリしました。

甘いものやめるだけでダイエットの成功率は格段に上がります。砂糖断ちはダイエット中の人にオススメしたいですね。

風邪を引きにくくなった

ここ2年半で体調不良になったのは2回くらいです。

以前は1年に4~5回なっていました。ちょっと残業が続くと咳や鼻水が出たり、顔に吹き出物ができたりしてました。喘息持ちということもあって、酷い時は喘息の発作も出てました。

それが最近はだいぶ良くなって、喘息の発作もしばらく出ていません。

どうやら、砂糖断ちすると免疫力が上がるようです。

甘いものが更に苦手になった

個人的な感覚なんですが、甘いものに対しての感覚が鋭くなりました。

ニンジンやキャベツを食べた時に感じるほんのりとした甘さが心地よく感じるようになり、かりんとうやシュークリームのような砂糖をめいっぱい使ったお菓子を口にすると甘すぎて気持ち悪くなります。

このような甘さに対する感受性の高まりと、「砂糖は体に悪いモノ」という認識が合わさって、甘いものが更に苦手になりました。

最後に

いかがでしたでしょうか。砂糖断ちに興味がでてきましたか?(^^♪

砂糖はいろんな食品に含まれているので摂取量0にするのは難しいですが、あからさまに使われている食品を断つことで、害をなくすことはできるでしょう。

僕は砂糖断ちしたら体も人生も変わりました。引き締まった体になり、性格も穏やかになって上手くいく事が多くなりました。

まあ、気持ちの問題かも知れませんが、少なくとも以前より前向きになれた気がしますね。

良い事いっぱいあるので、これからも続けていこうと思います。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました