どこある!~どこまでも歩いていくブログ~

好きな事を好きなように書いてます

どこまでも歩く

堆肥枠を自作してみた

どうも、平熱系男子のにしです。こんばんは!

 

梅雨の時期は雑草が伸び放題で大変ですよね。

 

ウチの庭は「1日5cmくらいのスピードで伸びてるんじゃないかな~」って思うくらい伸びるのが速くて、この時期はほぼ毎週草刈りしないとヤバイことになります。

 

まあ、草刈りするのはいいんですけど、刈った草の処分が大変なんですよね。

 

みなさん、草の処分はどうしてますか?

 

恐らくゴミ袋に詰めて「燃えるゴミ」として出してる人が大半なんじゃないでしょうか。

 

僕も今までずっとそうしてきたんですが、ある日近所のおじさんに「兄ちゃん、草は堆肥になるから捨てるの勿体ないよ~」って言われて・・・あー、それなら堆肥作って畑に撒こうかなーと思いました。

 

最近畑で野菜作り始めたのでね。草の処分費と堆肥の購入費が同時に浮くなら一石二鳥です。

 

ということで、今日は堆肥を作る道具である堆肥枠を自作しようと思います。

 

堆肥枠の作り方

ホームセンターに売ってるものは小さい割に高いから、田んぼの畔波板を使って自作します。

 

材料

f:id:nishi0001:20180623200719j:plain

・畔波板(縦40cm、幅120cm) 6枚

・防腐杭  6本

・工事現場用のロープ 20m

 

材料費は全部で3500円くらいでした。市販のものと比べたらだいぶ安くできそうです。

 

作り方

まず畔波板を3枚連結させて輪を作り、それを2段重ねにします。

f:id:nishi0001:20180623200729j:plain

こちらが連結部分。ガッチリ噛み合ってます。プラスチックの畔波板は思った以上に丈夫です。

 

 

f:id:nishi0001:20180623200742j:plain

2段重ねにするとこうなります。直径は1mちょっとあります。

 

f:id:nishi0001:20180623211639j:plain

重ねたところはドリルで穴を開けて針金で固定しました。これでズレる事はないでしょう(たぶん)

 

 

f:id:nishi0001:20180623200819j:plain

次は堆肥枠の周りに杭を6本等間隔で打ちます。風などで飛ばされないようしっかり固定します。

 

 

f:id:nishi0001:20180623200629j:plain

最後は工事現場用のロープで杭と堆肥枠を締め付けるように固定します。4周も回せばもうビクともしなくなります。

 

 

f:id:nishi0001:20180623200635j:plain

草を入れてみました。処分しきれなかった草も入れたんですが、思った以上に入りました。

 

あと、近所のおじさんがあやしげな粉をもってきて「これ入れると早く堆肥ができるよ」って言ってたから、草の中に入れてみました。

 

なんか発酵促進剤みたいなものらしいです。他にも米ぬか鶏糞を入れると良いとのことで、一緒にくれました。

 

世話焼き親切なおじさんが近所にいるといいですねぇ(笑)

 

これでブルーシートを被せておけば3か月くらいで堆肥ができるみたいなので、秋には畑に撒けるでしょうか。

f:id:nishi0001:20180623200623j:plain

うーむ、なんか楽しみです(笑)