トマトの水耕栽培ボックスの作り方

スポンサーリンク

どうも、平熱系男子にしです。

 

ゴールデンウィーク初日、ホームセンターでトマトの苗を買ってきました。

 

近所に住んでいるプロ農家のおっちゃんが「トマトは4月下旬から5月上旬に植えるといいよ」って言ってたので、「そろそろ植え時かな?」と思いました。

 

てことで、今回はトマトの水耕栽培ボックスの作り方を紹介します。

 

 ↓水耕栽培ボックスについてはこちらの記事をどうぞ

www.dokoaru.com

 

 

準備するもの

f:id:nishi0001:20190427164738j:image

・トマト苗

・発砲スチロール(400×330×210)

・6号ポット

・培養土

 

材料費は全部で1000円くらいでした。発砲スチロールが650円で一番高かった。最初は安いプラスチックの箱にしようと思ったんだけど・・・

 

プラスチックだと夏場の水温上昇が心配

 

直射日光が当たる屋外で育てるので、断熱性能が高い発砲スチロールの方が安心ですね。

 

あと、ポットは底に穴がいっぱい開いているものがベストです。

f:id:nishi0001:20190427165129j:image

これならば溶液層に根が伸びていきやすいですね。

 

トマトの水耕栽培ボックス、自作の手順

発砲スチロールの蓋に穴を開ける

まずは、ポットを挿すための穴を開けましょう。発砲スチロールの蓋のど真ん中にマーカーで印をつけます。

f:id:nishi0001:20190427164909j:image

こんな感じで鉢底に沿ってマーカーを走らせます。

 

 

次に、先ほどつけた印を目安にしてカッターで切り落とします。

f:id:nishi0001:20190427164938j:image

 

 

f:id:nishi0001:20190427164954j:image

綺麗に切れましたね!

 

 

ついでに蓋の角を切って給水口を作っておきましょう。

f:id:nishi0001:20190427165010j:image

 

 

さっき開けた穴にポットを挿してみます。

f:id:nishi0001:20190427165030j:image

円錐形なのでしっかり嵌ってくれました。これでオッケー!

 

トマト苗の定植

培養土で隙間を埋めながらトマト苗をポットに定植させました。

f:id:nishi0001:20190427165058j:image

これでトマト用水耕栽培ボックスの完成です。

 

たぶん鉢底から根が出てくるまで1ヶ月はかかると思うので、それまでは培養液を入れなくても良いでしょう。

 

代わりに、土が乾かない程度に水やりしておきます。

f:id:nishi0001:20190427165109j:image

これで暫く様子を見ることにしましょう。

 

それではまた!

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました